お電話でのお問い合わせ 096-211-4052
< 営業時間 > 9:30-18:30
お知らせNEWS
カテゴリー
過去の記事

ネットリサーチのすすめ|メリットとデメリット!おすすめリサーチサービス3選!

 

新しいサービスを企画する上で、重要な市場調査。

その中の一つに、ネットリサーチ(Web調査)という手法があります。

今回は、ネットリサーチのメリットとデメリットからリサーチ会社の選び方までをまとめました。

おすすめなネットリサーチサービスもご紹介しています。

ネットリサーチを検討している方の参考になれば幸いです。

 

ネットリサーチとは?

ネットリサーチとは定量調査の中の一つで、インターネットを利用してアンケート調査を行う方法です。

▶︎市場調査の種類(定量調査と定性調査)

リサーチ会社に事前に登録している会員(モニター)に対してアンケートを依頼し回答してもらい、その回答を回収・分析します。

他の調査方法よりも低コストで行えるので、多くの企業がまず取り組む市場調査の一つです。

 

ネットリサーチを行うメリットとデメリット

メリット

・他の市場調査よりも低コストで調査できる

・スピーディーに多くの回答を得ることができる

・広い範囲で一斉に調査することができる

・年代や性別などを絞り込んでの調査ができる

デメリット

・対象年齢が上がるとインターネットの利用率が低くなる=ネットリサーチの効果が少ない

・回答することで得られる報酬やポイント目的の、虚偽回答の可能性もある

 

ネットリサーチ会社の選び方

ネットリサーチ会社には2つの種類があります。

「セルフ型」と「サポート型」です。

セルフ型のネットリサーチ会社は、基本的にアンケート調査のみを行います。

アンケートの設計や回答の分析などは全て自社で行うことになりますが、調査開始から回答の納品までがスピーディーで価格も低く設定されているサービスが多くみられます。

サポート型のネットリサーチ会社は、アンケート設計から回答データ分析までを一貫して専門家のサポートを受けながら進めます。

調査期間とコストは多少かかりますが、リサーチ調査に慣れていない場合でも安心して行うことができます。

 

おすすめネットリサーチサービス3選!

インターネットリサーチ|株式会社マクロミル

参照:マクロミル公式サイト

▶︎株式会社マクロミル

▶︎ミルトーク

ネットリサーチに強い会社といえば「マクロミル」。モニター数も1,000万人と国内最大です。マクロミル自社会員向けのリサーチも¥70,000〜と低コストで実施可能。

その他、無料の定性調査ツール「ミルトーク」もおすすめ。

掲示板形式の質問1つを無料で作成し公開することができます(無料プランでは一日5つまで掲示板を作成可能)。

コメント閲覧数の制限はありますが、短時間で生の意見を集めることができるありがたいサービスです。

 

楽天インサイト|楽天インサイト株式会社

参照:楽天インサイト公式サイト

▶︎楽天インサイト

楽天グループの会員をモニターに持つ「楽天インサイト」。モニター数は230万人です。

楽天の様々なサービス・商品を利用するモニターによって構成されているので、レアサンプル(希少な調査対象者)にも対応可能です。

 

Freeasy(フリージー)|アイブリッジ株式会社

参照:Freeasy公式サイト

▶︎Freeasy(フリージー)

1回500円〜という業界最安値で利用できる「Freeasy」。モニター数は450万人です。

初期費用とランニングコストが無料でアンケートを実施するときに料金が発生する仕組みです。

低コストと直感的な操作が好評で導入企業も1500社以上となっています。

 

まとめ

今回は簡単にネットリサーチについてまとめました。

ご紹介した3社以外にも国内にはまだまだたくさんのネットリサーチサービスがあります。

サービスを選ぶ際は、モニター数や導入社数も比較されることをおすすめします。

また、自社に合ったサービスが分からない。初めてなのでアンケート設計が不安だ。という場合は、有限会社ディーナへお気兼ねなくご相談ください。

 

資料ダウンロード お問い合わせ